技術紹介 表面加工+スクリーン印刷

表面加工を施した紙にUV印刷を行うことで、さらに個性的な表現と高級感を高めます。

  • 表面加工とは

    表面加工とは、紙の表面をフィルムや特殊なインキ、箔などでコーティングする後加工のことです。
    後加工を施すことでツヤを出したり、高級感などを付加することが可能です。また、耐久性や水を弾くといった機能性を付加することもできます。

  • 主な表面加工の種類

    ラミネート

    PP貼り

    接着剤を塗布した紙にポリプロピレンフィルムを圧着させて、表面を保護したり、光沢感を出す表面加工です。ツヤ消しのマットな仕上がりになる加工方法もあります。

    PET貼り

    PP貼と同じく、接着剤を塗布した紙にPETフィルムを圧着させる表面加工ですが、PPよりも硬質であることが特徴です。

    箔押し

    紙の上に接着剤のついた「箔」を重ね、箔に対して版を加熱しながらプレスすることで金属な光沢を表現することができる加工方法です。

    エンボス加工

    紙の上に接着剤のついた「箔」を重ね、箔に対して版を加熱しながらプレスすることで金属な光沢を表現することができる加工方法です。

    空押し(凹)

    片側から版を押し当て、紙の表面に圧力をかけることで、紙をへこませる加工方法です。

    浮出し(凸)
    紙を浮き上がらせる加工方法で、二種類の加工方法があります。
    1. 紙の両面から凹凸のある版で挟みこみ、紙を浮き上がらせる方法
    2. 特殊なインキを厚く載せることで盛り上げる方法特殊なインキを厚く盛る方法はどのような素材にも利用することが可能です。
  • 「表面加工+スクリーン印刷」の例

    • エンボス+厚盛り(スクリーン印刷)
    • エンボス+厚盛り(スクリーン印刷)

    エンボス+厚盛り(スクリーン印刷)

    箔+Rプリント(スクリーン印刷)
    箔+Rプリント(スクリーン印刷)
    エンボス+箔
    エンボス+箔
    厚盛り(スクリーン印刷)+箔【ステレオ箔】
    厚盛り(スクリーン印刷)+箔
    【ステレオ箔】