技術紹介 スクリーン印刷インラインフォイラー

2021年4月稼働開始!乞うご期待! 更なる付加価値提案が可能になる!スクリーン印刷インラインフォイラー 印刷の幅が広がる デザインの幅が広がる

「箔押し」と何が違う?

  • 加工できる面積が大きい!
    イメージ寸法に制限が有る通常の箔押しに比べて菊全判までの1パス作業が可能、押し圧不足による輝度低減も有りません。
  • 繊細な柄の表現が可能!
    細かい線や柄、グラデーションや網点などの微細な表現が可能な為、デザインの表現の幅が更に広がる。
  • 押し痕が付かない!
    押し痕を付けずに、フラットな状態で仕上げることができる為、裏面に痕が残らず、両面印刷のモノにも活用しやすい。
  • 高輝度!
    スクリーン印刷を併用したインラインフォイラーにより平滑で輝きの有る箔転写が可能、高輝度で高級感の有る仕上がりを実現致します。
  • 箔は国産及び海外生産品も対応
    ホット・コールドとも対応可能。
  • ホログラムにも対応可能!
    金箔や銀箔だけでなく、ホログラム箔やLCコートにも対応可能。その他箔についてもお気軽にお問い合わせください。
  • フォイラー×スクリーン印刷
    フォイラー加工後、その上からスクリーン印刷が可能。また逆にスクリーン印刷UV隆起の上からフォイラーを加工することも可能。
  • 高生産性を実現!
    スクリーン印刷の印刷速度に同調して加工される事で、条件により1時間当たり最大3000枚の加工が可能になります。納期についてはお気軽に御相談ください。

「どんな用途」で使える?

  • パッケージ
  • 販促物
  • ポスター
  • 本の表紙
  • オリジナルの蒸着紙を作る箔は加工後フィルム未使用なので、蒸着紙の代替として使用することが可能。(SDGz対応案)

その他にも何かありましたら、お気軽にお問い合わせください。